ローンを支払えなくなってしまった場合はどうする?

住宅ローンは長い期間をかけてお金を返していかなければなりません。借りる際は返済のことをしっかり考えて借りるものの、長い人生の間には病気をしたり会社の業績が悪くなるなどのために住宅ローン返済が滞ってしまうことがあります。返済が滞ると金融機関から督促状が届くようになります。この時に何の対策もとらないと不動産は競売にかけられることになります。競売になると実際の価値よりもずっと安い価格で売却されてしまいます。住宅ローンが返済できない場合には自分で不動産を売却する任意売却を選んだ方が、実際の価値と同等の価格で売ることができるのでその分借金を減らすことができます。また、競売の場合には近所の人に競売にかけられたことが知られてしまいますが、任意売却の場合にはローンを返せないために家を売ると知られることがありません。また金融会社との交渉次第で、引越しのために必要な資金や新しい生活を始める資金を、家を売却したお金の中から取っておくことができます。

あなたの希望で探す江古田 美容室
免疫細胞療法のことをカンタンチェック!
がん 最新治療という幸せ
twitter
Google

最新記事